バロック木管図書館 woodwind

アクセスカウンタ

zoom RSS オーボエダモーレ:ピッチはリードで決まる

<<   作成日時 : 2006/06/15 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 25

画像楽器のつくり方 (60) 2006/6/15

欧州黄楊の半丸太から木取りして開始した、オーボエダモーレつくり。

モデルはアイヘントップ Eichentopf で、ピッチはA=415Hz。

ついに、音合わせである最終段階まで進みました。

音つくりのために、トラベルソの場合では歌口だったように、ダモーレでは、リードが必要です。

オーボエダモーレのリードは、ボーカルと呼ばれる短い管と、それに足して、つないでかぶせる短いリードチューブを用意します。 そのチューブに、オーボエと同様にリードを作ります。

このボーカルとチューブを分割する分割型は、バロック当時にも見られます。

これに対して、バロックオーボエでは、当時はチューブ一体型が普通。

ただ、リードは消耗品でもあるし、微妙なピッチや吹奏感調整等のため、バロックオーボエでも、分割型を用いる方も、プロ・アマを問わず多くいるようです。

分割型では、ボーカルと、リードチューブのテーパーが合うことが重要。 合わないと、息漏れなどが起きます。

ただし、この部分でのテーパー度が変化することの影響には、良し悪しがあるようですから一概に問題とは言い切れません。

バロックオーボエや、バロックオーボエダモーレでは、ボーカルとリードの入手が重要な課題となります。 管本体より、音決めの要素が強いとも言えそう・・。

この連載のオーボエダモーレに関しては、ボーカルを2種入手しました:

 @同モデルを扱うプロ製作家のボーカルとチューブを購入
 Aその製作家によるコピー楽器のボーカルをコピーしたものを入手(読者の好意による)

ボーカルに合わせ、リードチューブは、モダンのコーラングレ(イングリッシュ・ホルン:EH)のものを用います。

市販のEHチューブは、メーカーにより微妙にサイズが異なります。 できる限り合ったものを選びます。 わずかに合わない場合、糸を巻いて調整したり、シェラックで埋める方もいます。

フォトは、ダモーレ本体に、Aのボーカルに最も合うEH用チューブでつくったリードを取り付けています。 リードのケーンには、(英国で入手した)市販の「バロックオーボエ用」の、短く幅の広いものを用いています。

フォト下に並べたものは、右から順に、
  - @の製作家のボーカル
  - 自作リード(EHケーンを用いた幅が狭すぎるもの)
  - 読者の自作リード(幅が広い)
  - 読者の自作リード(もっと幅が広い)

これらリード/ボーカルを、ダモーレのリード井戸いっぱいに差し込みます。 ボーカルに巻いた糸で調整しますが、井戸いっぱいに丁度入るようにします。

さて、音あわせ(音程:ピッチ合わせ)には、フォトに示す電子チューナーを使用します。

市販のモダン楽器用のチューナーは、A=442Hz中心で、演奏者用。

これに対し、楽器つくり、中でもバロック木管つくりの立場では、必要とするチューナーが異なります。

 - 復元楽器のピッチが未知 (リード・チューブが現存せず)
 - 調整前は、各音のピッチは当然バラバラ
 - 当時の音律として何を採用すべきか

チューナーに要求される条件をあげてみると、

●ピッチ範囲:    A=390〜A=470Hz
  − ベルサイユ  A=392〜403Hz あたり
  − バロック    A=415〜419Hz あたり
  − クラシカル   A=425〜435Hz あたり
  − モダン     A=440〜444Hz あたり
  − ハイピッチ   A=465Hz〜   あたり
●音律:        平均律/ミーントーン/ヴァロッティ・ヤング/純正律/その他・・
●相対ピッチ:    セント(Cent)表示必須
●メーター:      アナログ表示が追いかけやすい
●比較音:      音を耳で聴いて確かめることあり

チューナーに向って音を出し、メーターで「セント」を読取ります。 場合により、チューナーからの音も耳で聴いて比較します。

セント読み取りしたものを、グラフ用紙に書き込み、「眼で見て確かめる」方法を採っています。

フォトのグラフ用紙は、中心が、A=415Hzとそこからの絶対周波数値のほかに、「セント」表示を記入しています。

こうすることで、種々の異なるピッチ、A=392HzとかA=430Hz の場合でも、中心の A=415Hz を それらのピッチに読み替えるだけで、セント表示では、そのまま使えます。

★フォトをクリックします。 現れる新しいウィンドウを画面いっぱいに拡げます。 画面の中のフォトの右下コーナーあたりにカーソルを動かします。 現れる四角い拡大アイコンをクリックすると最大拡大画面表示となります。 グラフ用紙の詳細まで見ることができます。 その新しい画面を閉じると、本ページに戻ることができます。★

各種リードを付け替えて測定しました。 第一オクターブが低めで、短いリードが必要。 リード幅が狭いと、最低音域C/D/Eのビビリが出ます。 幅広リードでは、安定しますが、ピッチは低目となり、長さを短く調整することが必要。

何度もトライし、楽器に合うボーカル/リードチューブ/リード(ケーン)を選びます。

本体の指穴調整を行わない状態で、まず、適切な「リード」を探すのです。 全体の様子を、グラフ用紙に取ったデータを眼で見て確かめます。

適切なボーカル/リードが得られたなら、ピッチの合わない音を調整してゆきます。

グラフ用紙のデータから、その音を変えるには、どの指穴が関係するかをよく考えます。

指穴および内径削りの調整は、きわめて微妙。 グラフをよく「読み」慎重に行い、調整の結果、変化した分をグラフ用紙に書き込んでゆきます。

木管ですから、ある音の指穴調整は、他の音程や音の鳴りにも影響します・・・

音程合わせには、トラベルソと同様、内径のプロファイルが決め手で、正しい内径のリーミングがなされていることが重要。

オリジナル楽器の内径は、あるべき姿から変化していることもあり、楽器復元の難しさがあります。 他の楽器や文献など、参考できるものを基準に、内径を決めて取り掛かることとなります。

時間を掛け、ボーカル/リードも種々試し、指穴調整と場合により内径再リーミングを行い、正しいピッチだけでなく、吹奏感など、気に入るまで続けます。

オーボエ/オーボエダモーレつくりの要点は、トラベルソの場合と異なり、「リード」という新たなパラメータが加わる点にあります。

「リード」は、人それぞれにより合うものが異なるもの。 自分の音を作ってゆくのが、オーボエ/オーボエダモーレつくりの本質とも言えるでしょう・・


【関連記事】  青字クリックで記事へジャンプします。

トラベルソの調整:指穴の大きさで音程を変えます
指穴の大きさが、いろいろあるのは何故?
トラベルソの音つくりは、リーマーによる内径仕上げから
木管のピッチはどうやれば変わるのでしょう
木管の音響特性を決める鍵は内径にあり



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
オーボエ・ダモーレができてくるのを楽しみに拝見しています。いよいよ、音合わせですね。

わたしはオーボエにはいわゆる一体型のリードを使っています。その場合、リードのサイズを決める以前にチューブのサイズ(特にテーパー)が重要です。

ダモーレではセパレート型のリードを使っています。本当は一体型を使いたかったのですが、長さが長いので毎回同じものを作るのがわたしにとっては技術的に難しいので...。だからボーカルとチューブのサイズは固定されているのですが、さいわいとくに違和感もなく吹けるので、メーカーが楽器に付けてくれたボーカルを使っています。(ポンセール氏のアイヒェントプフ)
A.O.
2006/06/15 15:58
リードについて。わたしは市販のイングリッシュホルンのケーンをつかいませんが、それは幅が狭いからではなく丸材の直径が小さいからです。つまりカーブがきついので、リードにしたときに開きすぎてしまい、コントロールできないのです。丸材の直径が15mm のものを使っています。バロックオーボエ用として売られているのは、直径の大きいものです。

オーボエ(ダモーレ)では、楽器のピッチを決める変数が楽器本体だけでなく、ボーカル、チューブ、ケーンのサイズ、リードのサイズ、本人の吹き方ノとたくさんあるので大変ですね。

機会があれば完成した楽器の音をきかせていただきたいです。
A.O.
2006/06/15 15:59
☆A.O.様初めまして。オーボエ仲間に出会えることができてとてもうれしいです。ダモーレも吹かれているとのこと。愛のささやきが聞けるなんてたまりません。
☆私はクラシカルオーボエの方はセパレート型です。バロックは一体型。チューブのテーパーが重要とのことですが、ある容積を得るがためのテーパーでしょうか?それともある性能を得るがためのテーパーでしょうか?
私はテーパーについてはまだいい加減でチューブの先の直径を重視しています。
☆E.H.のケーンについてはバロックに使うのは私も避けています。始めに一本つくりましたが、同じ感想を持ちました。今はバスオーボエのケーンを使っています。
☆リードを決定する要素は確かに多いですね。
そこで方針を見出してみようと思いましたがこんなところはどうでしょう。
1本人の吹き方や求めるレベルと楽器の相性を鑑みて
2スクレーピングとリードの木部の寸法、幅を決定し、
4チューブ長等でバランス、ピッチを詰める。
オーボエ好き
2006/06/15 21:56
●A.O.さま、お久しぶりです。以前のコメントにありました、Bruce Haynes の「A History of Performing Pich」と「The Eloquent Oboe 」の2冊の洋書、運よく読者の方から同時にお借りできました。ご指摘のように、大変な内容の本ですね。リード/チューブ/ケーン/管体について、研究いたします。
●ポンセール氏のEichentopf。このモデルも、製作家により異なるところがあると思います。ダモーレ完成後に是非試奏しコメントをいただきたいものです。一番目に試奏していただく方と、プロ奏者にもお願いしており、そのあとでよろしければ是非お願いいたします。
●とにかく、パラメータが多いし、各自の楽器の井戸の大きさも同一モデルでも製作家により異なるなど、ひとつの楽器の評価のためには準備が大変、掛かりそうですね。
●オーボエ好きさん、リードを決定する方針ですが、わたしの方針はまだ出ていません。しかし、概して、わたしの方針は、直感では逆の順のように思います。骨格となるオーボエ自体とボーカル・リードの組合せが最初の気がするのです。
woodwind 図書館長
2006/06/15 22:26
オーボエ好き様はじめまして。よろしくおねがいします。いつも館長様とのやりとり(とても数学的?すぎてついていけないことも..とほほです)を読んで、お二人ともすごいなぁと感心しています。
チューブのテーパーについては、原理的には管本体とおなじことで、きつくするとオクターブの高さの幅が大きくなります。つまり、高音が低音に対して低いときはテーパーを大きくすると上がります。Bruce Haynesによると「more conical : higher high notes」です。それから、上の直径(チューブの先)の大きさはその切り口が真円に近いか楕円に近いかでも変わります。それによってかなりイントネーションも変わります。自分でチューブを作るとその辺りが色々かえられます。
A.O.
2006/06/15 22:42
館長様、試奏させて頂けると嬉しいです。楽しみにしています。実は秋の演奏会でダモーレをたくさん吹くので、最近いろいろと研究しています。かなり長いことこの楽器をやっているのですが、リードに関してはいつまでたっても変更があります。体力が落ちてきて、若い頃のように(少々合わないリードでも)力ずくで吹いてしまう、ということができなくなったからかもしれません。
A.O.
2006/06/15 22:58
A.O.様
☆数学的で凄いのはwoodwind様で私もついていけません。とても明解なので尊敬!を感じています。チューブのテーパーの件ありがとうございます。自分でチューブを作っているのですが、まだまだ実験が足りません。参考になる方針が得られました。ありがとうございます。
woodwind様
☆リードを決定する方針が私の仮説と逆の可能性があるとのこと興味深いです!こういう意見はうれしいですね。私の常識が破壊される瞬間をいつも待ち望んでいるのです。そうするリードが鳴る以前に、チューブとボーカルだけでどうやってピッチを決めるのでしょうか?もしかして計算!
オーボエ好き
2006/06/16 07:24
●A.O.さん、「数学的」なコメントのやりとりが続いているようで、反省しています。本、バロック図書館では、各記事を、「日記風」でなく、あとで編集し一冊の本ができるような「客観性の」スタイルで、あえて書いています。そのためか、フランクであるべきはずコメント欄が、足を引っ張られている風がありますね・・・反省。
●Bruce Haynes の他の記事も、The Eloquent Oboeも同じでしょうが、テーパー度についても研究してみます。トラベルソ内径のテーパーと同様ですね。
●試奏は、是非お願いします。とくにダモーレを永く演奏されている方からのコメントをいただけるのはありがたい。問題は、一応の「完成」をどこに据えるか。100%を目指すと永久に完成しない。85%程度の完成を以って試奏していただくこととなりそうです。オーボエ類の特質上、オーボエか、リードか、はたまた演奏者が悪いのかがはっきりしない楽器ですので。
woodwind 図書館長
2006/06/16 07:37
☆本日自作オーボエで初の練習。
☆A=415hz自分のピッチ低過ぎで演奏ボロボロ。チューブの糸をほどいて、深く差し込めるように調整。さらに抵抗強過ぎたのでティップのすぐ下を削り、よりなめらかにティップからバックへのラインを作りました。これでちょっとまし。
☆ベルには羊毛を入れました。メンバーからの要望で羊毛を外した状態を聞いて頂きましたが、羊毛を入れた方が良いようでした。これで吹奏感への抵抗が増すのでさらにリードを削る感じですね。ピッチは下がりました。
オーボエ好き
2006/06/16 20:40
●自作オーボエの完成おめでとうございます。Stanesby Srの内径6oの井戸のどこまで、差しているのでしょうか。チューブ外形が6oならぎりぎりまで、内径が6oなる、その手前まで。このあたりの、議論が多そう。
●羊毛のミュートですが、低音が下がると思いますが、高域はどうですか。羊毛を入れたほうが良いとのメンバーのコメントは、何がどのように良いか感触を教えてくれませんか。とげとげしいのが取れる。とか、こもった感じが暗くていいとか・・・。
woodwind 図書館長
2006/06/16 23:57
☆これから調整してもっと表現できるようにしていこうと思います。
☆羊毛ミュートですが、高域のオーバーブローがしやすくなります。低音が確かにさがりますが、かといって高音が問題にはなりませんでした。
☆破裂音の多いトランペットの様な大きな音量の音色がこもって鼻にかかったソフトな音色で音量も控えめになりました。表現もしやすく、コントロールが簡易になりました。
☆昨日の練習では予想外にリードをwellに差し込んだので25mm差し込んでいます。29mm辺りで円筒になるボアです。16-20mm辺りが良いとのレポートを読んだ事があります。
オーボエ好き
2006/06/17 19:44
●16-20mm差し込んだあたりが良好と言うのは、この、特殊なStanesby Srの件でしょうか?それともバロックオーボー全般でしょうか。井戸の30oの深さのあと、約50oも平行に続くボアが気になります。
●わたしもこのSrを最初に復元試作しようかと思ったのですが、図面を見て、別のものからとしました。T,Cauhsacもそうですが、今後のSteenbergenなど、内径が一般的なものについて、何が。どうなっているか研究しようと考えています。
woodwind 図書館長
2006/06/17 23:08
☆図面はEdin. 3321です。
☆下管のテーパーとE音の件参考になります。
☆海外の方からアドバイスをもらったのですが、リードの開きが広過ぎだろうという事でもっと狭い開きで幅の狭いものを使ったら?ミュート無しでも良い音するはずだよ。ということでした。試しに開きを狭くしてみたところ、羊毛無しでも吹きやすいです!リードを削り過ぎているのでちょっと暴れますが、そうでなかったら結構いけそう。ポイントは低音の暴れが収まるくらいリードの開きを狭くするということでした。モダンの経験のせいかちょっと物足りないし、狭過ぎという印象もある。
☆差し込み深さについては一般的かどうか?記事を探していたのですが、見つけられず。また見つかったら報告しますね。
☆一般的なボアを研究されるとのこと、私は極端なものを取り上げる傾向があるので、コメントがどこまで多くの例に当てはまるか怪しいものと思います。一般的な方がより多くの方の力になり得ると思います。
オーボエ好き
2006/06/18 20:05
●Edinburgh大の3321とのこと。同大学から購入している一覧冊子vo.l2 partEにありました。62はc.1700で、3321はc.1730で、いずれもA=410Hz。3321は最小内径6.62oで、わたしが変だと感じていた62の6.40oが長く続く不思議なボアではないかも知れませんね。30年の差がありますから。62の方は、a fine, dark and even tneで、3321のほうは、soft, dark tone とありますが、はたしてそうでしょうか?
●海外のML、わたしも同じコメントを読みました。ところで、ミュートは、普通使うものですか?ミュートなしで楽器を完成させるようにされてはいかがでしょう。
woodwind 図書館長
2006/06/19 08:44
☆62と3321の差については何とも62のコピーは作っていません。
☆最初はミュート無しを目指してたのですが、ミュートを使う方向へ向いていってしまうんです。クラシカルの時もそうでした。ミュートの使用自体はどうでもよく、より楽器の性能を引き出す事ができれば良しと考えています。そうでないととてもつまらないのです。
オーボエ好き
2006/06/19 10:45
●オーボエ好きさん、Edinburghの3321と62とを同一視して、これまでコメントに対するわたしの意見を述べてきていました。3321自体、わたしは知りませんので、無責任な回答もあったと思います。ごめんなさい。
62の内径と違うなら、わたしも3321を作ってみるかなあ。
●ミュート使用の発想は、もしかしてオーボエ好きさんの、モダンオーボエによるジャズ演奏ほかの実用(実体験の場面)から来ているのでしょうか。だって、ミュートの使用は、一般には音量調整による合奏のバランスあわせですから・・
woodwind 図書館長
2006/06/20 09:13
☆3321と62の図面を両方持っていますが、大差ないです。各ジョイントの長さと指穴の位置が若干異なる程度です。この大差ないところが図面上のコメントにある様な差になるのかもしれません。
☆モダンオーボエはジャズには音量が不足していますので、SD systemsのオーボエ用マイクやボーカル用のマイクを使用していました。ミュートだなんてとんでもない!ということでした。
オーボエ好き
2006/06/20 19:28
●3321と62の図面データがたいして変わらないとのこと。と言うことは、内径設計については、設計思想があり、そのように作っているのでしょうね。わたしは、Steenbergenなどオランダのオーボエを優先することとしたいと思いました。
●すみません。ジャズでは、オーボエは音量が足らないのですか。トランペットでは、ミュートをつけているのを良く見かけます(ブルーノート系か)が、それに比べ、オーボエは音量が不足なのですね。高音楽器だから、ソプラノサックスのように良く響くのかと思っていました・・
woodwind 図書館長
2006/06/20 20:10
☆羊毛とリードの実験結果再び。
羊毛無しをチャレンジしました。チューブの先端を楕円になるようにわずかにつぶしてはケーンを巻き直し吹いてみました。狭い方の直径が1.4-1.5mmのところでケーンの開きが落ち着き、より開こうとする力が収まりました。このとき指でリードのopeningを狭くして、またスクレーピングでも調節すると低音も暴れません。また抵抗感が楽になります。音量も収まります。しかし甘くない音色です。ちょっと重いリードぐらいがいいみたい。
☆表現を一層追求するには適度に敏感で柔軟なリードど抵抗感が必要と思いました。そこで再び羊毛をベルに入れましたが、今度はBent holeのぎりぎりまで押し込んでみた(ぱっと見たところ羊毛(黒)が入っているとは思えない感じ)ところLow Cの発音は困難になりほとんど鳴りませんが、とても甘い音色とコントロールのしやすさ控えめな音量が手に入りました。羊毛の量もこの効果を左右しています。楽器側で音量がコントロールされるので奏者としてはこの点が楽です。音量の問題から解放されて演奏でき、テクニックや歌に集中できるという感じ。
オーボエ好き
2006/06/24 16:03
☆削り過ぎたリードなら羊毛によって抵抗感が増すので、再び使えるかもしれません。私のも重なる実験により削り過ぎの印象ありですが、羊毛で使えています。
☆当初サックスみたいに大音量でできると思っていましたが、他の楽器(ピアノ、ベース、ギター)もマイクを通すので結果音量が足りないのです。アコースティックと思いきや当然の様にPA通してました。
☆オランダいいですね。Haag museumの書籍にあるR.HAKAとF.Richterが平均率に比較した時のピッチエラーが最も少なかったと思います。僕はこれ2本に注目しています。外見はH.Richterが素晴らしいですね。
オーボエ好き
2006/06/24 16:08
●羊毛のミュート効果の件、各種実験参考になります。ただし、私のばあは実際での使用場面はあるかしら・・
●チューブ先端ですが、狭い方が1.4〜1.5oでケーンの開きが落ち着き、結果として、低音が暴れないとありますが、例のC/D/Eのビビリの件が改善されると言うことでしょうか??
●オランダのオーボエの復元の件ですが、Richterは大変いいですが、銀細工のほかに、象牙細工が絶妙です。この部分はどうされます?わたしは、当面、シンプルなものから始めようと思っていますが・・・
woodwind 図書館長
2006/06/24 19:21
☆私の場合の低音のビビリの問題はLow Eですが、これは123 45-esで解決しています。それではなくLowC,D,E音量大き過ぎ、コントロールしにくいと言う点が改善されました。
☆Richterの象牙細工については私の場合金工旋盤を用いておりますので刃物台にしっかりとバイトを固定できますから、旋盤にセットした管体を自由に回転しない様に固定し、刃物台を左右に送って削っていけばいいのではと思います。
☆私の場合は金工細工の方に眼がいきます。トラベルソにおける金属リングのように何らかの効果がきたいできると考えているのです。
オーボエ好き
2006/06/25 16:34
●LowC/D/Eの大きすぎの件、了解しました。
●リヒターの細工ですが、象牙の場合、旋盤のインデックス機構により、48分割などの作業ができると思います。その場合、確かに木工旋盤より、バイト固定の金工旋盤の方が、縦横送り機構などが使えて、加工できそうですね。ただ、よく見ると、単純な細工でないので躊躇があります・・
woodwind 図書館長
2006/06/25 18:50
☆確かに繊細な細工で機械作業だけで、その作品に宿る心まで再現できるとは考えにくいです。分割については全くおっしゃる通りと考えています。それで可能な範囲の工作を行って、仕上げは手で行うということになるのではと考えています。
☆このような細工の場合、印鑑を掘る印刀などどうでしょうか?
金属用の洋タガネや彫刻刀もありますが、象牙を相手にするには良い選択かと考えています。
オーボエ好き
2006/06/25 20:27
●仕上げを手工とし、心を宿すお考え、いいと思います。
●それにしても、大変な細工が必要ですね。印刀はいい考えですね。とても細かい作業用ですね。わたしは、当面、細工が不要なプレーンなデザインのリヒターの作品の復元から始め、オランダの楽器の特性を良く調べたいと思います。
woodwind 図書館長
2006/06/26 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーボエダモーレ:ピッチはリードで決まる バロック木管図書館 woodwind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる