バロック木管図書館 woodwind

アクセスカウンタ

zoom RSS リコーダー溝掘りの次は、ランプをつくります

<<   作成日時 : 2007/04/08 11:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像楽器のつくり方 (72) 2007/4/8

これまで、リコーダーの頭部管つくりを見てきました。

●Stage1: ウィンドウェイのリーミング  (詳細は→こちら
●Stage2: エッジ用の窓あけ  (詳細は→こちら
●Stage3: ウィンドウェイの溝掘りの準備  (詳細は→こちら
●Stage4: ウィンドウェイの溝掘り  (詳細は→こちら

前回、ウィンドウェイ(チャネル)の天井と側面を形成する溝掘りを行いました。 今回は、エッジを構成する、ランプつくりを取り上げましょう。

Stage5: ランプ削り

リコーダー頭部管の内部構造は、とても複雑です。 構造のほか定義もしている→こちらをご覧ください。

ウィンドウェイから吹き込まれた息は、クサビ状のエッジに当てられ上下に分かれます。 このとき起きる渦により、空気が振動し発音されます。

フォト上部は、頭部管のランプを削ったあとを示します。

削った部分が、そこだけ白っぽくなっていますね。

頭部管を万力に挟んでいますが、木工用のはさみ台で固定するのもよいでしょう。

まず、削り取るランプの形状を鉛筆を用いて正確に描きます。 次に、刃物類を用いて斜めに削り込んでゆきます。

工具類には、フォトで示すノミと小刀のほか、フォト外ですが木工ヤスリも用います。 ノミの代わりに平型の彫刻刀も適しています。

結構、精密な加工を手で行うので、使用するノミや小刀も小さめのがやり易く、フォトでは、3oのノミ (刃物類の紹介は、→こちらを参照) を用いました。

斜め下に向って削られるランプの両サイドは、切り立った構造となります。 ここには、切り出し小刀を用いました。 フォトでは、左利き用ですが、このような左右の作業を行うには右利き用もあると便利でしょう。

使用材の欧州黄楊ですが、緻密で硬く、慎重にゆっくりと行う必要があります。

とくにランプは、ボア側とともにエッジを形成します。 削りすぎないよう、ある程度のところで止め、最終削りを後工程のボイシングのところで行うのがよいでしょう。

コピー対象としたメック社製アルトのロッテンブルモデルは、ウィンドウェイの断面が長方形でなく、曲線を描くアーチ型。 これにならいランプ上面もアーチ型となるようにします。

大まかなランプ削りの次は、ブロックをつくりウィンドウェイ(チャネル)を形成すると音だしが始まります。

良い音つくり(ボイシング)の段階で、ランプを含めた微調整を繰り返してゆきます・・・


【関連記事】  青字クリックで記事へジャンプします。

リコーダー頭部管は、独特で微妙な構造をしています
リコーダーウィンドウェイの溝堀は慎重に
リコーダーウィンドウェイの、ブローチガイドつくりから
●リコーダーリーミングの次は、エッジ用の窓を正確にあけます
リコーダーウィンドウェイは、正確なリーミングから始めます
リコーダつくりの要点は、頭部管にあり
美しい木管は、よく切れる刃物から生まれます



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リコーダー溝掘りの次は、ランプをつくります バロック木管図書館 woodwind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる