バロック木管図書館 woodwind

アクセスカウンタ

zoom RSS 本紫檀のトラベルソ:バフで仕上げてみました

<<   作成日時 : 2009/07/18 12:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像楽器のつくり方(104) 2009/7/18

本紫檀では初めてのトラベルソつくり。

内径については丁寧つくり(→こちらこちらこちらも参照)、外径については丁寧仕上げを実施。

外径仕上げでは、素材の魅力を引き出すため、どのような仕上げがよいか試みながら進めてきました。

フォトは、一般的なバフ仕上げの機材と仕上げたトラベルソ。

バフは、布・綿・羊毛などで材の表面を仕上げること。 素材に対し適切なバフ材があり、仕上げる程度によっても方法が異なるようで研究の余地がありそう。

木材だけでなく、一般に金属の表面仕上げに用いられます。 例として、ゴルフのクラブ、西洋スプーンとナイフ。

また粒子の細かさに応じた研磨剤もあります。

本紫檀に戻って、表面の磨きには、通常使用するサンディングを施しました。 番手は、#240からはじめ、#3000あたり。 さらに#12000まで磨きました。 (→こちら

一方、オイリングはどこまですべきか、光沢はどの程度まで持たせるか、など色々楽しみながら進めてきました。

サンディングに続いて内径処理には、リンシードオイルによるハーデントを2回(→こちら)。 外径処理には仕上げオイルの6回重ね(→こちらも参照)。

●サンディングとオイリング

いくらサンディングにより鏡面に仕上げても、木材の性質上、その後のオイリングでは「毛羽立ち」ます。

毛羽立ちを取るためには、オイリング重ねの間で中砥ぎを施すのが一般的。 和竿つくりでは「漆塗り」重ねの間で行います。

問題は、紫檀、ローズウッドなどダルベジア種の材。

これらは、太い導管(水分を通すための管)を持つものがあり、オイリング仕上げではテクニックが必要。

家具つくりなど、木材の表面仕上げでのオイリング方法は、最初のオイリングで表面が毛羽立ちます。 そのあとの中砥ぎが重要。 表面をサンディングにより平らにするだけでなく、表面の導管にオイリングのカスを埋め込むそうです。 すると、次回のオイリングでは導管が埋まった状態となり平らな面へのオイリングとなり光沢が出るのです。

通常、導管などはサンディング・シーラー、ニス塗りにおける砥の粉で行いますが、それと同じ原理。

フォトの本紫檀ではこの工程でも導管は現れたまま。 欧州黄楊やエボニーとは違います。

そこで、導管がある紫檀に対しては、導管以外の部分の表面仕上げに徹しました。

フォト(クリックして拡大してご覧ください)のように、バフ仕上げで紫檀の美しさを引き出せました。

●落着いた光沢

唐木(紫檀や黒檀)を用いた工芸品や仏壇では、決まってピカピカのグロス仕上げではなく、言葉が見つからないのですが、半ツヤ仕上げ。 ただ単なる半ツヤと言えぬ美しさ。 中から光を放つような、深みのある光沢を持ちます。

そのような深みのある光沢のトラベルソは、「落着いた」美しさを持ちます。

近年、木材によるモダンフルートや頭部管を見かけます。 材にバイオレットとかローズウッドを用いた製品では、表面仕上げをこのような深みある半ツヤを見かけます。

本紫檀のトラベルソ。 落着いた光沢の赤紫がかった褐色の木目が、奏者の目を楽しませてくれます。

さて、この美しいトラベルソ。 どんな音色でしょう・・・


【関連記事】  青字クリックで記事へジャンプします。

本紫檀の内側からも乾燥させます
測定しながらトラベルソの内径をつくります
測定しながらトラベルソの指穴をアンダーカットをします
本紫檀:木の内に宿る美しさ現れるとき
本紫檀の磨きとオイリング
本紫檀のオイル仕上げはどこまで

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

ローズウッドの細かい溝は、導管の跡ですか。
お借りしてるリコォダァにもありますね。

研磨剤が詰まって、白っぽくなったりしませんか?

ペアウッドは、均質でキレイなのですが、

ベックの唇でくわえる部分とか、
 つや消しになってしまって残念です。

逆に、南米ツゲや欧州ツゲは、
 唇の当たる部分が、ピカピカです。

これって、研磨されてるのと一緒でしょうか???
わたにゃん
2009/07/22 19:07
わたにゃんさん、お早うございます。
●その通りです。導管です。メックのローズウッドはパリサンダーで、マダカスカルローズウッドです。いっぱい導管が見えますが、全体としてよく磨きが掛かっているのは、バフ仕上げと思います。
●研磨剤は付けずにバフしていますから、白くなっていません。
●ペアウッドも黄楊も導管が分からないほどですから、全然違いますよね。同感の顕微鏡写真が、気に関する図書に必ず掲載されていますが、大きなもので。木によって大きさがことなるほか、木の断面で見たときの「分散の仕方」がまちまちで、それで分類しているようです。
●ベック部分が、使っているのにピカピカなのは不思議ですね?? 欧州黄楊製のわたしのクラリネットのマウスピースでは、歯の跡でずいぶんつや消しになっているのですが・・
woodwind 図書館長
2009/07/25 09:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
本紫檀のトラベルソ:バフで仕上げてみました バロック木管図書館 woodwind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる