バロック木管図書館 woodwind

アクセスカウンタ

zoom RSS バイオレット・ウッドも芳香性があります

<<   作成日時 : 2009/11/22 12:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像楽器のつくり方 (109) 2009/11/22

木工旋盤を回す部屋に香りが漂います。

バイオレット・ウッド(ブラジル産キングウッド)は、いわゆるローズ・ウッド種です。 ローズウッド種の由来は、バラのような香りがすることで呼ばれたのでしょうか。

 - 学術名 Dalbergia cearensis
 - 産地  ブラジル
 - 比重  1.2
 - 木理  かなり均一でまっすぐ
 - 直径  0.25 m 以下
 - 通称  キングウッド、バイオレットウッド

学術名で ダルベルジア Dalbergia と付くものがローズウッド種の仲間。 ダルベルジア種には、どのような材があるか、すでに比較して紹介しました。(→こちらを参照)

フォトの上ですが、バイオレット・ウッド材を用いてつくったオトテール・トラベルソ(完成作品→こちら

この作品の仕上がりですが、その美しさとそこから生まれる音色に満足しました。 バイオレット・ウッドで他に誰もオトテールモデルを製作していなければ、世界で最初の1本といえるでしょうか。

そこで今度は、同じ材を用いて世界で最初の T.Lotモデル をつくってみたくなり製作を開始したのです。

フォトの下は、内径をつくり、リーミングを終えたあと、木工旋盤による仕上げ削りとサンディングを終えた頭部管。

フォトで、さらにその下には、旋盤加工のおがくず(削り粉)。 色が鮮明に写らないかもしれませんが、ピンクがかった小豆色といったところ。 ・・人工象牙の白い粉が混じっています。

旋盤加工では、甘酸っぱい香りが漂うのですが、わたしには梅干の味に近い香りに感じます。

ローズウッド種の材は、多かれ少なかれ芳香性があります。 ただ芳香の強さと削り粉の紫色の強さが材で異なるようです。

これまでに削った材で比較してみました:

 @マダカスカル・ローズウッド            芳香:強い    粉:赤紫がかっている
 Aバイオレット・ウッド(ブラジル産キングウッド) 芳香:中くらい  粉:ピンクがかった小豆色 
 B本紫檀(アジア産ローズウッド)         芳香:弱い    粉:どこか紫交じりの褐色

これらの材ですが、オイリングをすると瞬時に色が変わり、総じて黒っぽくなります。 (→こちらも参照)

内径に含侵させるために亜麻仁油(リンシード・オイル)のドブ付けにすると、外側が黒っぽくなります。 製作家によっては、管の内側だけにリンシード・オイリングを施す方もいるようです。 

管の外側の表面仕上げですが、わたしは桐油(タング・オイル)ベースの仕上げオイルを用います。 この場合、色が褐色に近づきます。

バイオレット・ウッドの木目は美しく、その美しさを強調するために、リンシード・オイリングを控え、タングオイル仕上げ中心とすると木目を残すことができます。

本紫檀でも、サンディングの後、タング・オイリングを施すと木目を残すことができそうです。 (木目を残した本紫檀の例は、→こちらを参照)

@のマダカスカル・ローズウッド、Bの本紫檀は、いずれもその表面に導管が多く見られます。 導管は、根から水を吸い上げるための管で、肉眼で見えるほどの小さな穴が表面に多数あいています。

一方、Aのバイオレット・ウッドは導管は小さく、目立ちません。 その差が、オイリングでの仕上げの感じが異なってきます。 導管のある材では、リンシード・オイリングしたあと、表面がオイリーで、そのために、タング・オイルベースの仕上げオイリングがのりにくいようです。

@のマダカスカル・ローズウッドの表面仕上げの様子は、→こちらを、また、Bの本紫檀の表面仕上げの様子は、→こちらをご覧ください。

ローズ・ウッド種でない材も含め、オイリングによる色合いについて比較ができるよう、→こちらに試し削りとともに示しています。

これら、「木の内に宿る美しさ」をどのように引き出し、仕上げるかも木管つくりの楽しさのひとつなのです・・



【関連記事】  青字クリックで記事へジャンプします。

バイオレット・ウッドの甘酸っぱい香りが漂います
バイオレット・ウッドのオトテールトラベルソの響き
オイリング:トラベルソの化粧は、たったの1秒!
本紫檀:木の内に宿る美しさ現れるとき
音つくりには、歌口つくりが欠かせません
本紫檀のオイル仕上げはどこまで
木の内に宿る美しさいろいろ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイオレット・ウッドも芳香性があります バロック木管図書館 woodwind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる