バロック木管図書館 woodwind

アクセスカウンタ

zoom RSS ローピッチ・オーボエ内径のリーミング

<<   作成日時 : 2013/04/12 00:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像楽器のつくり方 (134) 2013/4/12

連載のオーボエつくり、外形削りの後工程へ進めましょう。

●オイリング

上管と下管をリンシードオイル(亜麻仁油)と桐油ベースの仕上げオイリングを施してみると、フォトのように濃い色合いとなりました。

材にもよりますが、オイリングを施した途端に濃く(黒っぽく)なります。 (→こちらも参照)

使用材のブビンガの元色と、オイリング後の色を比較すると、その様子が分かります。 (→こちら)。

上管と下管を1本の角材から木取りし、同じ色合いと木目流れの連続性を保っています。 これに対して、ベルは、より大きな寸法が必要なため別の材から木取りしました。 そのため上管・下管と濃さに差が出ました。

●内径の形状

オーボエに限らず、バロック木管の特性は内径形状に大きく左右されます。 その形状は複雑なテーパーとなっています。 (→こちらも参照)

モダン・オーボエでは、リードチューブ、上管、下管、そしてベルに至るまで連続し、先に拡がる滑らかな曲線をなしています。

しかし、バロック・オーボエでは、そのように滑らかでないものも多くあり、その理由は:

 @設計上の理由:指穴間隔の制限により、部分的にテーパー度合いを変えている
 A構造上の理由:上管と下管、下管とベルとの間のテノン・ソケットの径の制限により段差を生じる
 B製造上の理由:バロック当時の刃渡りの短いリーマの複数使用により滑らかな曲線は得られない
 C調整時の結果:各音のピッチ調整のために指穴近くの上下の内径を削る

フォトの下敷きの方眼紙にオリジナル楽器の内径形状をプロットしています。

(フォトをクリックして現れるウィンドウの中のフォトをクリックして拡大してご覧下さい、)

内径の形状は、不連続で、滑らかではありません。 この形状について、オリジナルどおりに再現することが、果たして正しい復元であるか疑問。

とくにBの製造上の理由に関しては、現在の製造技術でカバーできる範囲。

●音つくりとリーミング

音つくりは、内径仕上げから始めます。 (→こちらも参照)

内径削りの最初の工程では、複数のドリルを使用し階段状に加工し、次の工程では、階段状の内径が滑らかにつながるようリーミングを施します。 

フォトの方眼紙上では、オリジナル楽器の内径寸法に対し、階段状の穴あけと市販リーマによる削りの結果として残った「差分」を黒く塗りつぶして表現しています。

この塗りつぶした「差分」がなくなるよう、他のリーマやヤスリを用いて、また内径測定を行ないながら、オリジナルの内径に近付けます。 (→こちらも参照)

●使用するリーマー

オリジナル楽器の復元には、その楽器の内径削りのための専用のリーマーが必要。

同じものを何本も製造するメーカでは、専用リーマー(切削工具:刃物)を用意します。 

しかし、多種のオリジナル楽器を少量つくるために、工具製造業者へ専用リーマーをその品種ごとに特注するのは大変なことです。

そこで、以下の方法を考えます:

 A.市販の工業用リーマーを用いる (市販リーマーは、→こちら
 B.リーマーを自作する (手作りリーマーは、→こちら
 C.万能リーマーである各種ヤスリを用いる
 D.市販の小刀等の刃物を利用する

フォトは、それらを組合せて用いたリーマー類。

一番上は、リードのチューブを差す井戸(ウェル)を掘る専用の手つくり刃物。 ハワイ印のあるお土産のレター・ナイフ。 これをヤスリで井戸の寸法どおりの刃物に仕上げて砥いでいます。 ステンレス製ですが十分使えます。

オーボエつくりでは、とくに上管内径は細く大きなトルクが不要なことから、「鋼」でなく軟鉄の刃で、しかも手回しでもなんとかなります。

●C音のロー・ピッチ

おおよそのリーミングが終わったところで、リードを付けて鳴らしてみました。

指穴は、まだあいておらず、すべての指穴を塞いだのと同じ状態。 この状態ではC音(と派生音)しか鳴りませんが、最低音Cと、オクターブ高いC音、そして、さらにオクターブ高いC音が出ました。

耳で聴いた比較では、A=415Hzのオーボエとは、およそ半音低いピッチ、A=392Hz。


連載のローピッチのオーボエ、次工程として下管のキーつくりへ進めてまいります・・・


【関連記事】  青字クリックで記事へジャンプします。

オイリング:トラベルソの化粧はたったの1秒!
オーボエび容姿が現れてきました
トラベルソの内径は、複雑なテーパーです
トラベルソの音つくりは、リーマーによる内径仕上げから
測定しながらトラベルソの内径をつくります
唐傘のお化けではありません、リーマーです
木管つくりの手製リーマーいろいろ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローピッチ・オーボエ内径のリーミング バロック木管図書館 woodwind/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる